Grim Soul/グリム ソウル- 攻略プレイ日記 -

どの難易度でも通用する初心者でも安全な攻略法

こんにちは、DaiNakaです。
今回は、難易度💀1から難易度💀3まで、どの難易度でも通用する安全にマップを攻略する方法について書いていきたいと思います。
今回の記事では、装備を揃え、回復薬を沢山準備して挑戦しているのに、どうしても倒されてしまう。
そんな方に最適な記事になっています。

複数を相手にしない・・・

囲まれそうになったら、直ぐにマップの外に出てください。
マップの外に出ると、敵が定位置に戻り、自分へのターゲットが外れます。
改めて、1体ずつ確実に敵を倒していきましょう。
ここで注意すべきはマップの外から来た敵です。
彼らは定位置という概念がなく、マップに入るとすぐさま攻撃を始めます。
そういった敵が居たのであれば、食中毒に注意しつつ回復してからマップに入りましょう。

体力が減ったら直ぐに回復しておく・・・

ケチってギリギリまで回復薬を使わずにいると、思わぬ事故で死ぬ事があります。
例えば「放浪者(NPC)」に突撃されたり、夜だと「闇夜に訪れる者」の来訪だったりです。
「放浪者(NPC)」については、難易度💀1のマップであれば弱いですが、難易度💀3にもなると、かなり強くなります。
防具を装備していても、気付いたら攻撃されてやられている事も。

スニーク攻撃での先制攻撃を意識する・・・

スニーク攻撃(しゃがみ攻撃)をすると、初弾で2倍のダメージを与える事が出来ます。
その為、1撃分の被弾を避ける事が出来る等、戦闘をかなり有利に進める事が出来ます。
「感染者」や「狼」は「片手剣」だとスニーク攻撃で1発で倒せます。
武器の節約にもなる為、1体を相手にする限り、必ずといって良い程、スニーク攻撃を推奨します。
コツとしては、自分の中でどこまでの範囲がバレずに攻撃出来るかという事を把握する事です。
真後ろからが確実ですが、どの位横からであればバレないかを把握すると、かなり戦いが楽になります。
また、他の敵との間隔も把握するとより良いでしょう。

回復薬を使う時は気を付ける・・・

回復薬に「サンザシの実」や「セイヨウヒイラギの実」を使う時は消化不良を起こす事があります。
消化不良を起こすと、攻撃や回復はおろか、歩く速度も遅くなります。
その間に囲まれたり、「放浪者(NPC)」や「闇夜に訪れる者」に襲われたら、ひとたまりもありません。
木の実を使う時は、マップの端っこに寄り、いつでもマップの外に逃げ込める様にしておきましょう。
食中毒になってしまったら、アクションボタンを押す事で解除できますが、解除されるまでに数秒掛かります。
その数秒が命取りなんて事もしばしばあります。
回復薬については回復薬について徹底調査した結果で紹介しています。

魔女が叫んだら直ぐに逃げる・・・

難易度💀2以上になりますが、「魔女」に近づき過ぎて、思ってもいないところで叫ばれてしまう事があります。
その場合、複数の敵に囲まれる前にすかさずマップの外へ逃げましょう。
マップの外に出る事で叫び声を止める事が出来ます。
また、他の敵も定位置に戻っていますので、近づき過ぎない様に注意しながら1体ずつ確実に倒していきましょう。

放浪者(NPC)が来たら直ぐに逃げる・・・

「放浪者(NPC)」は、マップの外からやってきます。
基本的に装備はランダムですが、何かしら装備しているので、「棍棒」だけで戦うのは困難です。
倒す事で相手の装備を奪く事は可能ですが、使い古いしてあり、あまり徳は感じないでしょう。
マップの外に出る事で居なくなるので、すかさずマップの外へ逃げる事をお勧めします。

闇夜に訪れる者が来たら直ぐに逃げる・・・

夜になると、「闇夜に訪れる者」がマップの外からやってきます。
基本的には攻撃を与え倒す事は出来ません。
「松明」を装備して追い払うか、マップの外に出る事で居なくなるので、すかさずマップの外へ逃げましょう。
ここで注意すべきは、雨天は「松明」を持っても火がつきません。
その為、「闇夜に訪れる者」も追い払う事は出来ません。
足も遅くなる為、焦る気持ちは分かりますが、落ち着いて確実にマップの外に出ましょう。

チェストや持ち物の整理は迅速に・・・

難易度💀3の「放浪者(NPC)」はかなり強い装備の事があります。
持ち物やチェストを整理している間にあっという間にやられる事があります。
持ち物の整理はマップの外で、チェストの整理は長くても2秒程で行う様にしましょう。
もちろん、短ければ短い程、安全なので極力チェスト整理しない方が良いです。

最後に

上記の一つ一つを頭に入れておき、気を付けながら進めると倒される事は格段に減るかと思います。

ご参考になった様であれば、twitterかFacebookでシェアしていただけると幸いです。
記事をTwitterでシェアする
記事をFacebookでシェアする